2010明けましておめでとうございます。

Posted On 1月 12, 2010

Filed under Uncategorized

Comments Dropped leave a response

ミヤモンテ社製品が日本で販売されるようになって12年目になりました。

日本に帰国するたびに、日本でのビジネス様式が変化してきているように感じます。

特に、都市部の無職(利益の無い仕事)?ブロカーのような方が地方の方を相手に

国からの助成金が出るビジネスをして失敗した話を良く聞くようになった。

特に、フルボ酸は環境に役に立つビジネスなので、国のビジネスだから企画書を出して助成金を、、、

M資金だとか??真面目に働く人が少なくなったように感じています。

国の政策もスジが通らないように思えます。

*環境問題と言いながら高速無料化?

*ペット(子犬、子猫)の虐待が問題なら子犬、子猫をペットショップで販売しない政策も必要と思います。(生き物を物として扱う法律から生き物に対する法律にかえる)

*外人に選挙権?世界中で外人に選挙権を渡す国は聞いた事がない、それは国境を無くす事に近い。

アメリカ合衆国で永住権者はもちろん選挙権を持たない。

*教育を変えないと日本の道徳(心の豊かさ)を正常に戻すのは難しいように思います。

新年早々、僭越ながら遠くアメリカから日本を見ていて心配になってしまいました。

2010年が良い年になりますように心から願っています。

広告

メキシコ インフルエンザ

Posted On 4月 25, 2009

Filed under 新着ニュース

Comments Dropped leave a response

メキシコでの報道は、アメリカ合衆国 カリフォルニア州サンディエゴの豚が原因と言われています。

ロスアンジェルスでは、2009年2月頃には私の近辺でも2週間前から風邪で30代の方が亡くなったり、
かなり神経質になっています。

アメリカは結核の方も、普通に生活してます.

アメリカではマスクをする方は見かけませんが

3年ほど前からは大型スパーの前には消毒用ウェットティッシュ、

子供たちには、学校から帰ると着替えとシャワーが義務付けられています。

石油系フルボ酸と植物系フルボ酸

Posted On 10月 20, 2008

Filed under フルボ酸

Comments Dropped leave a response

石油は動物の骨や植物が圧縮されて長年かけて作られたエネルギーです。

自然のエネルギーです。現在泥炭や海底地層から抽出されるフルボ酸は石油系フルボ酸(化石燃料系)と分類されています。

ミヤモンテウェブサイトにウェブデザイナーが表示しているフルボ酸式は石油系なのでミヤモンテフルボ酸の科学式とは異なります。石油系のフルボ酸はハロメタンを出す可能性があるので注意が必要です。

ミヤモンテ フルボ酸は吟味された植物を培養して製造しています。動物、魚の死骸や腐食物質は含まれません。

ハイブリッド(遺伝子組換え)とフルボ酸

全般的にハイブリッドの植物は簡単に生産性が上げれることで知られますが、フルボ酸にも同じようなリミットがあります。

フルボ酸は自然を味方にすることが出来ます。しかし、困ったことにハオブリッド植物にフルボ酸を使用すると植物が元に戻ろうとするので発芽しない事があります。フルボ酸で育てた植物は季節をとわず発芽し成長しますが

多くのハイブリッド種は1年に1度しか発芽しないように組まれていたり、ハイブリッドで採取した種は発芽しなかったりします。

現代の問題として、植物の種は何処にでも飛んでいくためにハイブリッドを使用しない畑にも種は飛んで成長しますので

原種の種が無くなる事も考えられます。ハイブリッドで植物生産量をあげてバイオエタノールの製造が行われていますが

食糧とバイオエタノール、バイオエタノールと環境問題は深刻です。バイオエタノールの生産量が世界一といわれるブラジルも森林の伐採が問題化しています。

動物のハイブリッドはどうでしょうか?人間のわがままのためにエコノミーの為に地球と動物が犠牲になり、その結果地球のエコロジーにどのような影響を及ぼすかは何も解っていませんが、このまま環境破壊が進み、自然が人間を育む仕組みが壊れ、自然が人間を破壊する日が近いでしょう。

ミヤモンテ フルボ酸

ミヤモンテ フルボ酸にはフミン酸は含まれません。

ミヤモンテ フルボ酸はピュアーフルボ酸と水であると、メキシコ農業大学で証明されました。

もちろん、農業用にフミン質を含むフルボ酸も製造しています。

市販のフルボ酸が吸着しないのはフミン質を多く含む事とフルボ酸の純度が低いと考えられています。

ハラピニオ/メキシカンチリ

5年前に10cm位のハラピニオの苗を購入しました。

それ以来、年に3回 実をならせます。

今回は100粒ほど収穫ができそうです。

通常は木のようには成長しないそうです。

チリもまとめて細かく切って冷凍保存しています。

ミヤモンテ ガーデン

日本では、偽装製品、類似品販売でご心配される方も多く、ミヤモンテ製品が安心して購入できる日を願っていますが、現在もレミア持ち出し在庫(回収品)の安売りの噂も聞いています。
そんなニュースとは別に、ミヤモンテ本社の庭で収穫した
果物、レモン、ライム、アボガドです。

アボガドは、毎年すりつぶしてライムをかけて混ぜ合わせて冷凍にします。

私は冷凍のアボガドデップを必要なときに解凍して、肉や野菜炒めをメキシコのトルテアに包んでアボガドデップを一緒にはさんでいただきます。

ミアモンテ成分

Posted On 8月 3, 2008

Filed under 新着ニュース

Comments Dropped leave a response

ミヤモンテ 成分の原材料はプライベートラベルの販売は現在していません。

自社ブランドである、ミアモンテ、ミアマンテの製品のみに配合されたいます。

エコロジカル ドリーム

Posted On 7月 3, 2008

Filed under Uncategorized

Comments Dropped leave a response

環境問題が話題になっていますが、

現実的にはエコノミー(経済)の為のエコになっていませんか?

ECOLOGY/エコロジーはドイツのダーウイン主義の生物学者が

oikos(家)+ logos(科学)生物と環境の相互関係を言います。

しかし、

二酸化炭素削減は原子力

有機栽培よりも単利されたケミカル肥料が安全と言われ

豆腐をつくる為に必須のにがりも安全性が疑われ始めています。

近い将来、単利されたケミカルで作られたグルコノラクトンが使用される日が近いかも知れない。

宮古島でのエコアイランド構想も完全島循環型バイオ燃料を3%ガソリンに混ぜる事を石油業界の抵抗の為に難航している。

宮古島でのガソリンに3%のバイオ燃料を混入する事を反対する石油業界。

無農薬野菜に有機農法が広まると病人も減りますと製薬会社も困るでしょうから

有機肥料の安全性を追求するでしょうね。

腐食が進むと土になります。しかし、どの微生物の行動が、どのように腐食がすすむかか解っていません。

人間に害のない腐食を発酵と言ってます。

私たちは微生物と共生していきていますが害のある微生物をばい菌とか病原菌といいます。

良い菌を善玉菌なんてよんでますよね。自然のバランスはケミカルでは作る事は出来ません。

地球の限りある化石燃料をエネルギーとして燃焼したり、単利ケミカルを合成したり100年先の地球は未来はどうなるのでしょうか?

宇宙にカプセルでも作って浮かして生活するのですか?

食事もビタミン剤で済ませるのでしょうか?

現にアメリカの幼稚園の中には、ビタミン剤が義務づけられています。

目の前の応急処置よりも100年先の地球を考えるエコを進めてほしいですね。

自然?

Posted On 6月 30, 2008

Filed under Uncategorized

Comments Dropped leave a response

私はミヤモンテ社のご挨拶で自然に輝くとか、、、自然という言葉の意味を

自然の恵みを得て植物が輝くように、エゴや物欲に縛られないリラックスした状態で健やかに過ごす事を意味したのですが

自然(ナチュラル)の意味には、動物の本能での動きも自然ナチュラルと表現されます。

例えば、百姓が育てた食物を畑から泥棒する事、そして満腹感を味わう事も自然の輝きなのです。

そして、米国では悲しい事に、そのような行いを正統化する傾向にあります。

次ページへ »